離婚裁判で使われる浮気の証拠

妻の浮気の調査と証拠

裁判で使える証拠

浮気の証拠を集めのはわかりますが、証拠を集めた結果どうしますか?

 

浮気などの不貞行為の証拠を集めるということは、浮気の証拠をつきつけて離婚をするのか、それとも二度と不貞行為を働かないようにさせるのか?
究極の2択になると思います。

 

しかし、ほとんどの場合に離婚を目的として浮気の証拠を集めると思います。
浮気の証拠を元に離婚をするとなると、調停離婚や裁判離婚に発展することもしばしばあります。
この離婚問題で、裁判をおこなうまたは調停離婚をする場合に重要になるのが、探偵に調べてもらった証拠なのです。

 

裁判などで証拠として使われるものには、2つの種類があります。
1つは状況証拠といわれ、事実を確実に証明することが出来る証拠ではないが一定の確証のある物といわれる証拠で、浮気の場合でいえば、ホテル等を使ったときの領収書や、浮気相手との2ショット写真などが状況証拠になります。

 

そして探偵が集める証拠が、直接証拠といわれるもので。
この直接証拠は事実を証明することが出来る証拠のことをいいます。
直接証拠には、調査対象者と浮気相手がラブホテルに入る瞬間の写真や、ラブホテルから出てくる瞬間の写真などをいいます。または、車などでキスをしている場面なども浮気の直接証拠として使うことが出来ます。

 

不貞行為の証拠を集める場合には、この直接証拠を集めることを考えて行動しなくてはなりません。


ホーム サイトマップ